2013年11月10日

住宅ローンの手数料

住宅ローンは借りた金額よりも多くを返すのが当たり前です。
それは金利があるからです。

手数料も無視できない存在です。
住宅ローンの種類の一つにフラット35があります。
これは手数料が安い住宅ローンとしても注目されるようになりました。

一般的な手数料の考え方は借入金額に対する一定の割合の場合と、金額に関係なく一定金額の場合です。
借り入れる金額に応じて、どちらが有利になるかを計算しましょう。

もちろん、銀行で相談すれば、細かく調べてくれます。
しかし、相談する前に自分で計算することによって、住宅ローンを真剣に考えることが大切です。
住宅ローンの返済が滞らないように借り換えをする人も少なくありません。
しかし、借り換えにも手数料が発生します。

手数料によって借り換えのメリットが薄れてしまうケースも出てきます。
いずれにしても金融機関に相談することが結構大切です。

住宅ローン返済の延滞は一時的なものであれば、心配する必要はありませんが、慢性的なものなら根本的解決が必要です。
最悪の場合は住宅の売却などを考えなければなりません。
家を売ることは、家族にとっていいことではありません。
売ることでお金を得ることはできますが、失うものもたくさんあるからです。

手数料だけを考えることで済むわけではありませんが、住宅ローンに関する様々なことを考慮する必要があります。
金融機関のホームページには住宅ローンの種類と手数料の一覧が表示されていますから、参考にしてみるといいでしょう。

機関投資家運用資産規模資産運用失敗パターン


【関連する記事】
posted by free8895 at 22:23| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。